野田首相:欧州危機に協力用意、EFSF債購入割合は決まってない

野田佳彦首相は13日夕(日本時 間14日午後)、米ホノルルで開催されたアジア太平洋経済協力会議 (APEC)首脳会議後の内外記者会見で、欧州が一体となって債務 危機を克服する姿勢を示せば、日本として相応の協力を引き続き行う 用意があることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。