オリンパス:09年の分析機事業売却、損失隠しと関連-元社長が批判

過去の財テクでの損失計上を先送 りし、企業買収費で穴埋めしていたオリンパスは、2009年に医療用臨 床検査機器の製造販売を行う分析機事業を、米社に775億円で売却して いた。過去の買収を疑問視して解職された元社長は、この売却も経営判 断のミスであり、損失隠しとも関連していると批判している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。