ジェームズ・ボンドのロレックス、ジョン・レノンのプラカード競売に

映画「007」シリーズの主人 公ジェームズ・ボンドが身に付けた高級腕時計ロレックスが、14日に 開かれるオークションで最高44万4000ドル(約3400万円)で落札 される可能性がある。

この一連のオークションには、オスマン帝国(1299-1922)の宝 飾品のほか、往年の米映画スター、エリザベス・テーラーさんのドレ ス、英ロックバンド、ビートルズのジョン・レノンさんが反戦運動 「Bed-In for Peace(平和のためのベッドイン)」を行った際のプラカ ードなどが出品される。

少し気の早いクリスマスの贈り物を探しているコレクターは、クリ スティーズ・インターナショナルが14日、スイスのジュネーブで開く 年に2回の腕時計オークションをのぞいてみてはどうだろうか。

このオークションには、「007」に登場した特別注文のロレック ス「サブマリーナ」が出品される。英俳優ロジャー・ムーアさんが身に 付けたこのロレックスは、実際に利用する腕時計というより映画の小道 具として販売される。このロレックスの予想価格は20万-40万フラン (約3400万円)。オークションには420点が出品され、落札総額は少な くとも1500万フランの上ると推計されている。

景気への懸念を背景に、欧州で最近、自動車やワインの売り上げへ の懸念が広がる中、オークションでは物色買いの傾向が見られるが、ジ ェームズ・ボンド関連の品物が活況のきっかけになるかもしれない。

ロンドンの宝飾品店ウォルツスキーのマネジングディレクター、ジ ェフリー・マン氏は「希少なダイヤモンドや絵画など独特の神秘的な魅 力を備えた品物の特定のジャンルがある」と指摘。「他の市場が非常に 混乱している状況で、これらの品物の需要が過熱しているようだ。希少 性が高い物ほど一段と価値が上がっている」と述べた。同社は1865年創 業で、英キャサリン妃の結婚指輪を手掛けたことで知られる。

15日に開かれるオークションではオスマン帝国の支配者たちがか つて所蔵していた宝飾品が総額約1000万ドルで落札されるとみられて いる。

手書きのプラカード

クリスティーズが15日に開くオークションには、レノンさんとオ ノ・ヨーコさんが1969年に行った反戦運動「Bed-In for Peace」 のプラカードが出品される予定。

この「BED PEACE」と手書きされたプラカードは、夫妻が69年5 月26日からモントリオールのクイーン・エリザベス・ホテルで7日間 にわたって客室にこもった際に窓に立て掛けられていた。夫妻の非暴力 の抗議行動はこの1週間前、アムステルダム・ヒルトン・ホテルのスイ ートルームで新婚旅行中に始まった。

レノンさんとオノさんがサインと日付を書き込んだこのプラカード は、当時のイベントに参加していた音響技師が持っていた。クリスティ ーズによると、この技師が同僚に譲り渡し、その家族が所有していた。 クリスティーズは8万-10万ポンド(約1240万円)の価値があると みている。

(レイバーン氏は美術品市場に関してブルームバーグ・ニュースに 寄稿しています。この記事の内容は同氏自身の見解です)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE