日本政府、TPP交渉めぐる米側発表の野田首相発言を否定

日本政府は日米首脳会談の内容 をめぐり、野田佳彦首相がオバマ米大統領に対し、全ての物品とサー ビスを貿易自由化交渉の対象とすることに前向きであると語ったとす るホワイトハウスの発表を否定した。

日本外務省は12日、そのような発言を行った事実はないとする 文書を発表。これに対してフロマン米大統領副補佐官(国際経済担当) は記者団に、「米国側の先の発表に変更はない」と述べた。

両首脳は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開かれてい る米ハワイで会談。野田首相は先に、環太平洋連携協定(TPP)へ の交渉参加の意向を表明していた。米国側は会談後に、野田首相が 「全ての物品とサービスを貿易自由化交渉のテーブルに乗せる」と語 ったことを、オバマ大統領が歓迎したと発表した。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net   Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Aki Ito in Tokyo at +81-3-3201-8182 or aito16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: John Brinsley at +81-3-3201-7048 or jbrinsley@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE