米企業の自社株買い、4年ぶり高ペース-S&P500の株価評価が低下

今年の米企業の自社株買いは、 4年ぶりの高ペースとなっている。低金利と過去最大の手元流動性を 利用し、信用危機の始まり以来バリュエーション(株価評価)を下げ た株式を購入した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。