米国債:Tビル市場は縮小へ、供給不足でゼロ金利続く見通し

米国のTビル(財務省短期証券) 市場は、2010年初め以降で最も大きく縮小する見通しだ。Tビルの供 給不足によって政府の借り入れコストは過去最低に近い水準にとどま りそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。