NY原油先物時間外:3日続伸-イタリア、ギリシャの新政権に期待

ニューヨーク原油先物相場は14 日の時間外取引で3営業日続伸。イタリアとギリシャの新政権が債務 危機を封じ込めるとの観測が強まった。

原油先物相場は一時、0.7%上昇。先週は5%上昇した。ギリシャ の財務相は欧州連合(EU)主導の救済案下での6回目の融資を受け ることを確実にするための政策を優先課題とすると述べた。イタリア のナポリターノ大統領は欧州委員を務めたマリオ・モンティ氏を首相 に任命した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国であるアルジェリア、 イラン、ナイジェリアの石油相は13日、原油市場は均衡しており過剰 供給にはなっていないとの見方を示した。

原油先物12月限は一時、70セント高の1バレル当たり99.69 ドルを付けた。シンガポール時間午前7時44分(日本時間同8時 44分)現在、99.02ドルで推移している。前週末の通常取引は1.21 ドル高の98.99ドルで引けた。終値では7月26日以来の高値。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE