中国:海外企業の上場誘致、「基本的に準備整えた」-上海証取副社長

中国は株式市場への海外企業の 上場容認に向けて「基本的に準備を整えた」と、上海証券取引所で 外国企業向けの市場、「国際板」を担当する責任者が明らかにした。

上海証取の徐明上級副社長は11日のインタビューで、上場と取 引ルールに関する作業は既に完了しており、技術・規制・システム 上の要件も「基本的に準備」できていると語った。

同上級副社長は、「国際板」導入に関するスケジュールはないと したものの、「機が熟したら可能な限り早期に」開始すべきだと発言。 「証券市場の国際化は国全体に恩恵をもたらし、海外企業の意欲を 大いに高める」と述べた。

上海市当局は、同市を2020年までに世界の金融センターに発展 させる目標を掲げて措置を講じている。上海証取による海外企業の 上場誘致はその一環。これまでにも英銀HSBCホールディングス や米コカ・コーラ、NYSEユーロネクストなどの多国籍企業が中 国での上場に関心を示している。中国株式市場の規模は世界2位。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE