APEC首脳:世界経済は重大なリスクに直面、欧州危機などで

アジア太平洋経済協力会議(AP EC)首脳会議は13日、世界経済は欧州債務危機などから生じる「重 大な下振れリスク」に直面しているとの首脳宣言を発表した。

首脳宣言は世界の多くの国々で成長と雇用創出が弱まっていると 指摘。経済成長押し上げのため一段の貿易自由化が「不可欠だ」と強 調した。

アジア太平洋地域の経済的な連携の改善を目指した同首脳会議で 多く取り上げられた問題の一つは欧州債務危機だった。当局者らは、 世界経済のリセッション(景気後退)入りや金融市場のさらなる不安 定化といった事態につながり得る欧州情勢の悪化に備えていると語っ た。ブラジルやインドネシアなど一部の新興市場国は成長持続のため、 利下げないし財政措置強化に着手している。

首脳宣言は、「われわれは世界経済が不確実な時期に会合を 開いた」と背景を説明した上で、「われわれは地域経済および世界経済 の力強く均衡の取れた持続的な成長を支援することを固く決意する」 とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE