ボーイング、エミレーツ航空から260億ドル規模の受注獲得-過去最大

米航空機メーカーのボーイングは、 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイ首長国のエミレーツ航空から最大 70機の「777」型機の受注を獲得した。受注規模は260億ドル(約2 兆円)相当とボーイングの約100年の歴史で最大となる。

エミレーツ航空のシェイク・アハメド・ビン・サイード・アルマ クトゥーム会長は、両社が13日にドバイ航空ショーで確定受注50機 (180億ドル相当)を含む契約を結んだことを明らかにした。残りは オプション契約になるという。納入開始は2015年。エミレーツ航空は 老朽化した一部航空機と入れ替えを行う。

エミレーツ航空が保有する777(座席数約365席)は94機と最も 多く、41機をさらに発注済み。同社はエアバスの2階建て超大型旅客 機「A380」の最大の購入先でもあり、90機を発注している。

ボーイングの商用航空機部門責任者ジム・オルボー氏は「われわ れにとって極めて誇らしい瞬間だ。777へのエミレーツ航空の信頼を 裏付けるだけでなく、ドル建ての1回の受注額では当社の歴史で最大 だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE