中国:成長率5%割れの衝撃、製造業の内陸シフトで20年は先送りか

中国の婦人・紳士靴メーカー、 広州コンスタント・シューズ社は、1980年代以降の輸出ブームの中 心地である南東部の広東省を離れ、生産施設の大部分を500キロ内 陸に移動する予定だ。

輸出が国内総生産(GDP)の2割強を占める中国では、沿岸 部での人件費上昇や労働者供給の縮小で輸出力が弱まる恐れが出て いる。広州コンスタント・シューズ社はこうした状況に対応し、湖 南省永州市の安い労働力を活用する道を選んだ。営業マネジャーに よると、1年以内に広州工場はサンプル製品を作るだけの施設にな るという。

同社と同様に生産拠点を国内にとどめてバングラデシュやベト ナム、インドネシアなどのアジア諸国に移転しない企業が増えれば、 中国経済成長率が5%を割り込む状況は先送りされそうだ。ブルー ムバーグの投資家調査では2016年までに5%を割り込むと予想され ていた。

全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会の蔡昉委 員は、「こうしたシフトを適切に行えば、20年の時間を稼いで中国 経済に対するショック療法を避けることができる」と述べ、「まだ 目標の達成は容易だ」との見解を示した。

ただ生産シフトは容易ではない。広州コンスタント・シューズ 社は移転先で税制優遇装置が得られ人件費は17%程度減らすことが できるものの、港までの距離が延びるため輸送費は2割程度増加す る。サプライヤーが比較的少ない点や内陸部の若年層の工場への就 職に後ろ向きの姿勢、一部の地方政府でビジネスに精通した人材が 不足している点なども内陸シフトのハードルになると、中国最大の 見本市、広東フェアでブルームバーグ・ニュースが取材した製造業 者らは指摘した。

--Kevin Hamlin. With assistance from Victoria Ruan and Zheng Lifei in Beijing. Editors: Scott Lanman, Paul Panckhurst

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事についての記者への問い合わせ先: Kevin Hamlin in Beijing on +86-10-6649-7573 or khamlin@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

%CNY

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE