債券は下落、イタリア懸念後退し日米株高が重し-GDPほぼ予想通り

債券相場は下落。前週末の米国市 場で、経済指標の改善やイタリアの財政緊縮策可決を好感し、株式相 場が上昇した流れを引き継ぎ、日経平均株価が続伸し、円債市場は売 りが優勢となった。7-9月期の実質国内総生産(GDP)は4四半 期ぶりプラス成長となり、ほぼ市場予想通りと受け止められた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。