7-9月GDPは年率6.0%増-輸出増、自粛緩和で消費持ち直し

7-9月期の実質国内総生産(G DP)1次速報値は前期比年率で6.0%増と、4四半期ぶりにプラス に転じた。プラス幅はほぼ事前の市場予想通りだった。3月の東日本 大震災で毀損(きそん)した企業のサプライチェーン(部品の調達網) の復旧に伴い輸出、設備投資が増加したことに加え、自粛ムードの緩 和により個人消費が持ち直したことがGDPを押し上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。