JR西:300億円投じ来春、九州新幹線の編成倍増-対航空機で優位

西日本最大の鉄道網を持つ西日本 旅客鉄道(JR西日本)は主力の山陽・九州新幹線事業で300億円を 投入し一段の車両編成の拡充を図る方針だ。来年春のダイヤ改正で、 新幹線の編成数を倍増させる。飛行機利用客の取り込みが進めば、競 合する航空会社に対して優位な立場を確立できそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。