ギリシャは10月26日合意へのコミットメントを示す必要-EU

ギリシャは同国向け救済を前 進させるために、欧州首脳が10月26日にまとめた合意の履行を約 束する必要があると欧州連合(EU)のアルタファイ報道官が指摘し た。

アルタファイ報道官は14日、ブリュッセルで記者団に対し、E Uと国際通貨基金(IMF)の当局者で構成される小規模なチームが アテネに「近々」戻り、ギリシャの新政府と作業すると述べた。当局 者らは既存の救済プログラムに基づくギリシャへの次回融資の実施時 期およびに先月合意した1300億ユーロ(約14兆円)の救済パッケ ージの詳細について作業を進めている。

同報道官は先月26日の合意に言及し「ギリシャ当局による実行 へのコミットメントに関して、明快かつ明白な声明文書を待たなくて はならない」と説明。こうしたコミットメントへの期限はないとした ものの、信頼感の回復に向けて「できる限り早期に」提示される必要 があると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE