ギリシャ国民の大半がパパデモス新首相の人選を支持-世論調査

ギリシャ国民の大半は、連立暫定 政権の新首相にパパデモス前欧州中央銀行(ECB)副総裁が就任し た人選を支持していることが世論調査で明らかになった。また、来年 2月19日に暫定的に設定された総選挙については、過半数が延期すべ きだとの見方を示した。

ギリシャ紙エトノスがマルク社に委託して実施した調査によると、 952世帯のうち79%は、連立暫定政権の新首相としてパパデモス氏が 選ばれたことを支持した。暫定政権の任期は現行方針よりも延長され るべきだとの回答は54%だった。また、76%は、暫定政権が任期中に 重要な決断を下すべきだとの見方を示した。調査は今月10-11日に実 施され、誤差率はプラス・マイナス3.2ポイント。

カパ・リサーチがギリシャ国民1033人を対象に実施し、トビマ紙 に掲載された別の調査では、パパデモス新首相の人選を「好ましい」、 「おそらく好ましい」との回答が合わせて73%に上った。選挙の実施時 期については、57%が先送りすべきだと答えた。暫定政権の誕生でギ リシャがユーロ圏にとどまる可能性は「高まった」と「恐らく高まっ た」とする回答は79%。調査は今月11日に実施され、誤差率はプラ ス・マイナス3.1ポイント。

-- Editor: Dick Schumacher

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Tom Stoukas in Athens at +30-210-741-9072 or astoukas@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Angela Cullen at +49-69-92041-158 or acullen8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE