ドイツ連銀総裁:ECBは最後の貸し手になってはならない-英紙FT

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のバイトマン総裁は、ECB が決定的な役割を担う形で債券市場に介入したり、最後の貸し手となる べきではないとの見解を示した。英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)とのインタビューで語った。

同紙によると、バイトマン総裁はユーロ圏各国政府の行動は「一貫 性を欠いている」と指摘。救済計画に民間金融機関を関与させること は、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)など危機対応手段に対す る信頼を損なうため、やめるべきだと述べた。

同総裁はまた、ECBを最後の貸し手とする試みは、中銀による政 府債務の引き受けを禁じている欧州のルールに違反すると指摘。「法に 反しながら制度に対する信頼を築くことはできない」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE