ドイツ連銀総裁:ECBは最後の貸し手になってはならない-英紙FT

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のバイトマン総裁は、ECB が決定的な役割を担う形で債券市場に介入したり、最後の貸し手となる べきではないとの見解を示した。英紙フィナンシャル・タイムズ (FT)とのインタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。