米大統領:人民元や知的財産権で不満表明-中国国家主席との会談で

ホワイトハウス当局者は12日、オバ マ米大統領が中国の胡錦濤国家主席との会談で、米国民や企業が両国間 の関係の進展ペースに「一段といら立ち、不満を募らせている」と伝え たことを明らかにした。

フロマン米大統領副補佐官(国際経済担当)は記者団に、オバマ大 統領が米国側は通商と通貨、知的財産権で中国のより一層の協力を求め ていることを「非常に明確にした」と語った。

副補佐官によると、オバマ大統領は胡錦濤国家主席に対し、過去数 年間に「米産業界の一部で」中国での「米企業の待遇について懸念と不 満がますます」拡大していると指摘した。「胡錦濤国家主席と中国の代 表は米側のメッセージを聞いたと思う」と語った。

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に際して行われた ホノルルでの米中首脳会談では、経済問題が主要議題となった。

副補佐官によれば、米中首脳会談では米上院が可決した対中制裁法 案は議題に取り上げられなかった。

オバマ大統領は米中首脳会談に先立つAPECの関連行事でも、現 在の人民元相場で米企業は不利な状況にあり、最終的には中国の成長が 抑制されるだろうと指摘した。

同大統領は米国は通貨や通商、知的財産権での相違点に関して、中 国側の互恵主義なしに「傍観することはできない」と言明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE