伊ウニクレディト、西欧の証券事業からの撤退近い-関係者

イタリア最大の銀行ウニクレディ トは、収益回復策の一環として西欧諸国の株式の調査とセールス、ト レーディング業務からの撤退が近いと、協議に詳しい2人の関係者が 明らかにした。

決定はまだだとして匿名を条件に関係者の1人が語ったところに よると、14日に会議を開くウニクレディトの取締役会は、約150人が 勤務する株式部門について競合他社への移管合意を検討する。一方、 中東欧での証券事業は継続すると、この関係者は述べた。同行の広報 担当者の1人はコメントを控えた。

ウニクレディトがドイツとイタリア、ポーランド、オーストリア の中核市場で起債やローンのアレンジなどの業務に注力する中、法 人・投資銀行部門責任者のジャンピエール・ムスティエ氏は証券事業 の見直しを進めている。事情に詳しい複数の関係者は10日、同行が最 大70億ユーロ(約7400億円)の増資も検討していると語っていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE