安住財務相:欧州の財政危機などで意見交換-IMF専務理事と会談

安住淳財務相は12日午前、訪日中の 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事と会談し、ギリシャやイタ リアの財政危機など欧州の経済情勢について意見交換した。財務相は欧 州自身が努力する必要をあらためて指摘した。IMFの資金基盤強化の 話は出なかった。また、財務相から日本経済について、震災から回復し つつあるが、円高が足かせになっていると説明した。財務省幹部が記者 説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。