シュタルク理事、ECBには政策金利を動かす余地ある-NZZ紙

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、米国や英国、スイスの中央銀行と比べてECBには政策 金利を動かす余地がなお残されているとの認識を示した。スイス紙ノ イエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(NZZ)が報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。