NY外為(11日):ユーロが対ドルで上昇-欧州めぐる楽観で

ニューヨーク外国為替市場で は、ユーロが対ドルで2週間ぶり大幅高。欧州各国がソブリン債危機 の封じ込めに向け取り組んでいるとの楽観的な見方が再び広がった。

ギリシャではパパデモス前欧州中央銀行(ECB)副総裁が新首 相に就任。またイタリアでは上院が財政緊縮法案を可決した。これら を手掛かりにユーロは上昇。円は対ドルで、先月の日本の円売り介入 以来の高値に上昇。オーストラリア・ドルとニュージーランド(NZ) ドルは米ドルに対し値上がりした。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンの為替戦略世界責任者、マー ク・チャンドラー氏(ニューヨーク在勤)は「イタリア上院が財政緊 縮法案を可決しギリシャで新政権が誕生したため、一息つくことがで きた」と分析。「リスクオン(選好)の日だ。新興国通貨が上昇し、 商品も株式も上げた」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比

1.1%高の1ユーロ=1.3750ドル。一時1.4%高と、10月27日以 降で最大の上げとなった。週間では0.3%安。対円ではこの日

0.4%上昇し106円10銭。週間では1.7%安となった。

円は対ドルで0.6%値上がりし、1ドル=77円20銭。一時77 円05銭と、10月31日以来の円高・ドル安水準を付けた。

高利回り通貨が上昇

米株式相場は上昇。S&P500種株価指数は2%高となった。 商品銘柄で構成するS&PのGSCI指数は0.7%上昇。

豪ドルは1.2%高の1豪ドル=1.0276米ドル。NZドルは1% 上げて1NZドル=0.7853米ドル。

米消費者マインド指数が市場予想を上回る伸びとなったことを受 けて高利回り通貨は上げを拡大した。11月のトムソン・ロイター/ ミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は64.2と、前月の

60.9から上昇した。これは6月以来の高水準。

この日の欧州債市場ではイタリア10年債利回りが一時6.43% と、4日ぶり低水準に低下。これを手掛かりにユーロは主要通貨の大 半に対して値上がりした。

財政緊縮法案

イタリア下院は12日に財政緊縮法案の採決を実施する。これに より法案が最終承認されれば、ベルルスコーニ首相は「1分後に辞任 する」とフィーニ下院議長は述べている。暫定政権の首班にはマリ オ・モンティ元欧州委員が指名される公算が大きい。

ゴールドマン・サックス・グループはユーロ買いを推奨。一方で モルガン・スタンレーは「ドル買い・ユーロ売り」の時期だとしてい る。

ゴールドマンのチーフ為替ストラテジスト、トーマス・ストルパ ー氏(ロンドン在勤)はリポートで、イタリアとギリシャでの新政権 誕生は「少なくともしばらくはユーロ圏の財政をめぐる緊張の緩和が 続くことを示唆している」と解説。1ユーロ=1.40ドルを目標とし、 ユーロが1.35ドルまで下げた場合は取引を手じまうよう勧めた。

一方で為替戦略責任者ハンス・レデカー氏率いるモルガン・スタ ンレーのアナリストらはリポートで、ユーロが1.30ドルまで下げる 可能性があると指摘。「政治面での不透明要因」のほかイタリア債利 回りが引き続き6%を上回っていることから、同社としてはユーロに 対しては「基本的に弱気」だとし、「イタリアは大き過ぎて救えない リスクを抱えている」ためと説明した。モルガン・スタンレーは

1.3050ドルを目標にユーロを売るべきだとした上で、1.3950ドル に上昇した場合はポジションを手じまうよう勧めた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE