EMIの音楽事業、ビベンディが買収へ-ソニーが出版事業取得も

フランスのメディア大手ビベ ンディの音楽部門ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG) は、英EMIグループのレコード音楽部門を米銀シティグループから 12億ポンド(約1485億円)で買収することで合意した。

協議に詳しい関係者が匿名を条件に語ったところによれば、シテ ィはEMIの音楽出版事業をソニー率いる企業連合に売却する取引で も合意に近づいている。同企業連合は米投資会社ブラックストーン・ グループのGSO部門から5億ドル超(約390億円)の資金を得る という。別の関係者はこれまでに、出版事業が約20億ドルで売却さ れる見通しを明らかにしている。

ビベンディとソニーによる分割買収で、114年の歴史を持つE MIは事業に幕を下ろすことになる。EMI傘下のアーティストには、 ビートルズやコールドプレイ、ケイティ・ペリーなどが含まれる。英 資産家ガイ・ハンズ氏率いる投資会社テラ・ファーマ・キャピタル・ パートナーズが債務を返済できず、債権者であるシティが今年2月に EMIの経営権を取得した。

ビベンディの発表資料によると、EMI音楽事業の評価額はUM Gとの相乗効果を除いたベースのEBITDA(利払い・税金・減価 償却・償却控除前利益)の約7倍。

ビベンディは買収費用を既存の信用枠のほか、同社とUMGが保 有する5億ユーロ(約530億円)相当の非中核資産の売却を通じて 調達する。

ソニー

ソニーはEMIの出版事業を、傘下のソニーATVミュージック パブリッシングに統合する意向だ。関係者によれば、ソニーはウィリ アム・モリス・エンデバーのアリ・エマニュエル最高経営責任者(C EO)とジョー・ラビッチ氏が設立したレイン・グループに共同買収 参加を呼び掛けていた。

取引に詳しい関係者2人によると、ワーナー・ミュージックはE MIの出版事業に対し約15億-16億ドルの買収案を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE