ゴールドマンとモルガンS:時価会計の見直しを検討、損失で-関係者

米ゴールドマン・サック ス・グループとモルガン・スタンレーは、一部の融資契約について時 価会計の廃止を検討していると、事情に詳しい関係者2人が明らかに した。

取得原価を採用する会計手法への移行は、一部の投資適格の融資 契約だけが対象という。関係者が匿名を条件に述べた。9月30日時 点で、モルガン・スタンレーの投資適格融資契約は551億ドル(約 4兆2700億円)、ゴールドマンは約516億ドルだった。

ゴールドマンを中心に投資銀行は、リスク管理に役立つという理 由で時価会計を歓迎していた。ただ、時価会計を採用することで借り 手が利用していない融資契約についてまで損失計上が必要になる場合 がある。商業銀行は融資契約を時価評価しない。

モルガン・スタンレーは7-9月(第3四半期)に法人向け融資 で約4億ドルの損失を計上したが、その大半は未実行の融資契約によ るものだった。ゴールドマンは1-9月に融資契約と融資の債権の評 価に絡み6億5900万ドルの損失を計上した。今月提出された四半 期届け出で明らかになった。

関係者によると、ゴールドマンとモルガン・スタンレーが会計手 法の変更を決めても、投資適格ではない融資契約と実行済みの融資に ついては時価評価する。この方法はJPモルガン・チェースなど商業 銀行の会計処理に近づくものだという。手法変更に関する議論につい ては米紙ウォールストリート・ジャーナルが10日に報じていた。

-Editors: William Ahearn, Peter Eichenbaum --* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事についての記者への問い合わせ先: Michael J. Moore in New York at +1-212-617-6919 mmoore55@bloomberg.net Christine Harper in New York at +1-212-617-5983 charper@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Scheer at +1-212-617-2358 or dscheer@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE