中国株(終了):上海総合指数、週間で3週ぶり下落-景気懸念強まる

今週の中国株式相場は、上海総 合指数が3週間ぶりの値下がりとなった。新規株式公開(IPO)に 需要が奪われるとの懸念に加え、欧州債務危機の影響で同地域向けの 輸出が損なわれる恐れがあり、中国経済が一段と減速しかねないとの 見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。