独アリアンツ7-9月:84%減益で予想下回る-投資で評価損

欧州最大の保険会社、ドイツの アリアンツの7-9月(第3四半期)決算は、前年同期比で84%と、 市場予想以上の大幅減益となった。保有するギリシャ国債や株式で評 価損を計上した。

11日の同社発表によると、純利益は1億9600万ユーロ(約210 億円)と、前年同期の12億6000万ユーロから減少。ブルームバー グ・ニュースがまとめたアナリスト20人の予想平均では6億6000万 ユーロの利益が見込まれていた。

同社は保有ギリシャ債の評価額を1億2200万ユーロ引き下げた。 4-6月(第2四半期)には3億2600万ユーロ引き下げていた。保 有株式に絡む7億1500万ユーロの評価損も計上した。

ミヒャエル・ディークマン最高経営責任者(CEO)は通期営業 利益は75億-85億ユーロとの見通しをあらためて示した。

発表によると、非営業項目の第3四半期評価損は9億3100ユー ロ。「金融セクターへの投資とギリシャ国債」によるものが中心だと 同社は説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE