【日本株週間展望】下値懸念、欧州問題くすぶる-国内業績不透明も

11月3週(14-18日)の日本株 相場は、引き続き下値懸念が強い。イタリアの国債利回りが一時、危 険水域とされる水準まで上昇し、欧州債務問題への警戒がくすぶる。 世界経済の減速や円高、タイの洪水被害などを背景に、国内企業業績 の先行きも不透明で、投資家は株式保有を増やすことに慎重なままだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。