来週のNY原油先物:58%が下落予想-欧州債務危機が需要に影響か

来週のニューヨーク原油先物相場 は、下落するとの見方が優勢だ。欧州債務危機が世界の需要見通しに 影響を与えている。

ブルームバーグ・ニュースがアナリスト33人を対象に実施した 調査では、19人(58%)が来週の原油先物相場は下落すると予想。上 昇を予想したのは10人(30%)。ほぼ変わらずとの予想は4人だっ た。前回は61%が下落を予想した。

イタリア国債利回りは7%を突破した。これはギリシャ、ポルト ガル、アイルランドが欧州連合(EU)や国際通貨基金(IMF) から救済策を求めざるを得なくなった水準。欧州中央銀行(ECB) 政策委員会メンバーであるオランダ中央銀行のクノット総裁は10 日、ハーグで今や危機に対処する責任の過半は各国政府にあるとの認 識を示した。

シティ・フューチャーズ・パースペクティブ(ニューヨーク)の エネルギーアナリスト、ティム・エバンス氏は電子メールで、「世界経 済見通しが下向き傾向を強める中で、これまでの原油相場上昇が続くの は難しい」と述べた。

2004年4月の調査開始以来、相場の方向性を正しく予測した確率 は47%。ブルームバーグは石油アナリストとトレーダーを対象に毎週 木曜日に翌週の原油価格について、上昇、下落、ほぼ変わらずの見通 しを問う調査を実施している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE