中国石油化工集団、ガルプのブラジル部門に出資へ-約2700億円(1)

アジア最大の製油会社、中国石油 化工集団は、ポルトガルの資源会社ガルプ・エネルジアSGPSから ブラジル部門の株式30%を35億4000万ドル(約2700億円)で取得 することで合意した。

中国石油化工集団が電子メールで11日配布した資料によれば、同 社はガルプが発行する新株などを引き受ける。香港に上場する中国石 油化工(SINOPEC)は、SINOPECグループとも呼ばれる 中国石油化工集団の子会社。

世界最大のエネルギー消費国となった中国のエネルギー企業は今 年、資源確保と国内供給を満たすため海外の石油・ガス資産取得に向 け160億ドル余りを投じている。一方、ガルプは今年、ブラジル部門 の権利を一部売却することで20億ユーロ(約2100億円)の調達を目 指すと表明していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE