ガイトナー米財務長官:欧州、金融安定回復に向け「迅速な行動」を

ガイトナー米財務長官は、世界 経済の成長にとって欧州はなお「中心的課題」だとし、金融安定を取 り戻すために欧州の「迅速な行動」が必要だと訴えた。

ガイトナー長官は現在、アジア太平洋経済協力会議(APEC) 出席のためハワイ州ホノルルに滞在中。講演の原稿によると、同長官 はAPEC参加国・地域が皆、欧州危機から直接影響を受けていると 指摘し、「欧州からのこうした圧力の中で成長てこ入れ策を講じる」 よう求めた。

長官は「米国は自国の危機を招いた問題に引き続き取り組み、欧 州が成長鈍化に見舞われる状況の下、アジア経済はさらに内需拡大策 を講じる必要があるだろう。欧州のような景気低迷への脆弱(ぜいじ ゃく)性を低減するとともに、世界経済に引き続き貢献できるように するためだ」と述べた。

また長官は中国に対して、人民元の上昇容認を求めた。「不均衡 是正の過程は、中国や他のアジア諸国が市場の力を受けて自国通貨の 調整を容認する為替政策によって助けられるだろう」と指摘。「特に 中国は引き続き人民元上昇を容認する必要がある。中国はより速いテ ンポの為替レート調整が重要なことを認識している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE