オリンパス株価が売り気配、東証が監理銘柄に指定

オリンパス株価が売り気配、午前9 時1分現在、前日比8円安の476円水準で約3対1の売買注文差がつい ている。東京証券取引所が10日夕に上場廃止基準に抵触する可能性があ る監理銘柄に指定したことを受け、売り注文が膨らんでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。