オリンパス株価が売り気配、東証が監理銘柄に指定

オリンパス株価が売り気配、午前9 時1分現在、前日比8円安の476円水準で約3対1の売買注文差がつい ている。東京証券取引所が10日夕に上場廃止基準に抵触する可能性があ る監理銘柄に指定したことを受け、売り注文が膨らんでいる。

オリンパスは8日に、1990年代からの財テクによる損失計上を先送 りし、企業買収の費用で穴埋めしていたと発表。株価は10日まで3日連 続でストップ安(値幅制限いっぱいの下落)となっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE