TOPIXが小幅続落、円高や企業業績・統治に懸念-大王紙は急落

東京株式相場は、TOPIXが小 幅続落。欧州情勢はやや落ち着いたものの、為替市場では円が高止ま りし、企業業績の低調、前日にはオリンパス、大王製紙の両社が東京 証券取引所の監理銘柄に指定されるなど企業統治の問題から全般的に 買いが手控えられ、終日方向感の乏しい展開だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。