債券は反落、米債安や高値警戒感で-現物債取引は午後一時停止に

債券相場は反落。前日の米国市場 で株高・債券安となった流れを引き継いだほか、長期金利が1年ぶり 低水準に達するなど相場に対する高値警戒感も出ていた。半面、超長 期債には買いが入り、利回りは1カ月ぶり水準まで下げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。