【コラム】ユーロを救えるのはもうECBしかいない-Cクルック

ユーロ圏の苦境について、 1つだけ言えることは、それが予想外のものではなく、逆に皆が予想 していたものだということだ。欧州の通貨同盟は今、それが計画でし かなかったときに既に指摘されていた瑕疵(かし)によって、崩壊し ようとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。