財務相:円の投機的動きや過度な変動注視-「覆面」コメント避ける

安住淳財務相は11日午前の閣議 後会見で、為替相場が円高方向に振れていることについて「投機的な 動きや過度な変動に対しては非常に関心をもって市場を注視している」 とあらためて述べた。その上で、投機的な動きの有無を含めて監視す るよう事務方に指示していることを明らかにした。公けにしない形で 為替介入する「覆面介入」を実施しているかどうかはコメントを避け た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。