ブラジル株:3日続落-利下げ加速観測の後退や欧州危機への懸念で

10日のブラジル株式市場では、 指標のボベスパ指数が3営業日続落。ブラジル中央銀行が利下げのペ ースを加速するとの観測が後退したほか、フランス国債の利回り上昇 で欧州債務危機の拡大懸念が強まった。

ブラデスコ銀行は1.9%安。ネット通販のB2Wコンパニア・グ ローバル・ド・バレジョも2.6%下落。同社はブラジルの消費者保護 に関する法律に違反したとして、サンパウロ州内での消費者への販売 停止を命じられたことが、同州の10日付の官報で明らかになった。 航空会社のTAMも値下がり。同社の7-9月(第3四半期)決算は、 6億620万レアル(約270億円)の赤字だった。

ボベスパ指数は前日比0.4%安の57321.81で終了。先月26日 以来の安値を付けた。指数構成銘柄のうち下落が38銘柄、上昇は 28銘柄。通貨レアルは1%高の1ドル=1.7616レアル。

レメ・インベスチメントスの株式アナリスト、ジョアン・ペド ロ・ブルガー氏は電話取材で、「この数カ月はインフレ見通しがやや 改善したが、ブラジル経済はかなりのペースで成長しているため、依 然として懸念が残る」と指摘。「欧州発の不確実性からリスク回避の 動きが強まっており、人々はブラジル株への投資に不安を抱いている」 と述べた。

-- Editors: Marie-France Han, David Papadopoulos

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 or Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Ney Hayashi in Sao Paulo at +55-11-3017-4914 or ncruz4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Papadopoulos in New York at +1-212-617-5105 or papadopoulos@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE