11月10日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが上昇、S&Pはフランスの最上級格付けを確認

ニューヨーク外国為替市場ではユーロがドルに対し1カ月ぶり安値 から上昇。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が フランスの信用格付けは「AAA」で変わっていないと明確にしたこと で、同国に債務危機が迫っているとの懸念が和らいだ。

イタリア政府が10日実施した入札で予定額を調達できたことか ら、同国の資金調達に対する懸念が後退し、一時ユーロは主要通貨の 大半に対して値上がりした。ギリシャではパパデモス前欧州中央銀行 (ECB)副総裁が次期政権の首相に任命された。ブラジル・レアル やノルウェー・クローネといった高利回り通貨は値上がり。米国株の 上昇が材料視された。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏は「フランスの格下げに関するうわさが流れたが、否 定された」とし、「これはリスク安定化という大きな流れの一部分では あるが、依然として非常に強い不透明感が残っている」と続けた。

ニューヨーク時間午後4時半現在、ユーロは対ドルで前日比

0.5%高の1ユーロ=1.3608ドル。一時0.8%高まで上げた一方で、

1.3484ドルと10月10日以来の安値まで下げる場面もあった。対 円では0.3%値上がりし、105円65銭。一時104円73銭と10月 12日以来の安値まで下げた。円は対ドルで0.2%上昇し1ドル=77 円64銭。円は日本政府・日銀が大規模介入を実施した10月31日以 来の高値を付けた。

東短リサーチの加藤出チーフエコノミストは、政府・日本銀行が 10月31日に実施した大規模な円売り・ドル買い介入の後も、断続的 に「覆面」介入を行っていた可能性があるとの見方を示した。リポー トによれば加藤氏は、10月31日から11月4日までの介入額累計は およそ8兆7000億円から9兆1000億円になるとみている。

S&Pの誤情報配信

S&Pは、フランスの最上級格付けが引き下げられたと示唆する 情報が誤って一部の同社サービス契約者に10日配信されたと明らか にした。S&Pはフランスの「AAA」格付けを確認した。

S&Pは「技術的な誤りで、当社の『グローバル・クレジット・ ポータル』の一部契約者にフランスの信用格付けが変更されたと示唆 する情報が10日に自動的に送信された」と発表。「フランスの格付 けは『AAA/A-1+』、見通しは『ステーブル(安定的)』で変 わりはなく、今回の出来事は格付け調査の活動とは関連していない。 当社は今回の誤りの原因を調べている」とした。

欧州債市場ではフランス10年債の利回りが一時28ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.48%を付けた。ドイツ10 年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は1.69ポイントと、ユ ーロ導入後の最大に拡大した。

イタリア国債

前日にはイタリア10年債の利回りが7%を超え、ユーロ導入来の 高水準となる7.48%に上昇した。7%は、ギリシャやポルトガルが救 済要請を余儀なくされる節目となった水準。イタリア10年債の利回り はこの日6.89%で、独国債とのスプレッドは5.11ポイント。前日は

5.53ポイントだった。

シティグループのストラテジスト、アンドルー・コックス氏 (ニューヨーク在勤)は「イタリア国債のスプレッド縮小をよそに、 フランス10年債のスプレッドは欧州市場での取引の終わりに過去最 大を記録した」と指摘。「S&Pはフランスの『AAA』格付けおよび 見通し『ステーブル』を確認したものの、ユーロ圏の情勢は引き続き 資産市場のセンチメントに影響を与える」と述べた。

イタリア政府は10日に入札を実施し、1年物証券50億ユーロ (約5300億円)を発行。平均落札利回りは6.087%で、投資家の需 要を測る指標の応札倍率は1.99倍だった。

◎米国株:反発、失業保険申請件数の減少を好感-欧州懸念は緩和

米株式相場は反発。米失業保険申請件数が前週比で減少したほか、 イタリアの国債利回り低下やギリシャ次期首相の任命を手掛かりに欧州 債務危機への懸念が緩和した。

エネルギー株は1.8%高と、原油高を背景にS&P500種株価 指数の産業別10指数の中で上昇率が最大だった。ネットワーク機器 メーカーのシスコシステムズは上昇。同社の四半期利益と売上高がア ナリスト予想を上回った。製薬のメルクも高い。増配が好感された。 一方、アップルは2.6%下落。タブレット型端末「iPad(アイ パッド)」の今年の出荷台数は減少する可能性があるとの見方が嫌気 された。

S&P500種株価指数は前日比0.9%高の1239.70。ダウ工業 株30種平均は112.92ドル(1%)高の11893.86ドル。

UBSウェルス・マネジメント・アメリカスのチーフ投資スト ラテジスト、マイク・ライアン氏は「投資家の関心がユーロ圏の政治 不安から離れ、再び経済統計に注目が集まるだろう」と述べ、「不透 明感が解消されるにつれ、投資家のリスクシナリオへの関心が薄れ始 める」と続けた。さらに「米国の失業保険申請件数の減少は非常に明 るい材料だ」と述べた。

ギリシャの大統領府はパパデモス前欧州中央銀行(ECB)副 総裁がギリシャの暫定連立内閣の首相となると発表した。この発表を 材料に株式相場は上昇した。

フランスの格付け

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、 「技術的な誤り」によってフランスの最上級格付けが引き下げられた と示唆する情報が配信されたと発表。その上でフランスの「AAA」 格付けを確認した。これも米株の支援材料だった。

欧州の債務危機が世界経済の成長軌道を阻害するとの懸念が後 退し、景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シクリカル指 数は0.9%上昇した。ダウ輸送株平均は1.3%高、KBW銀行指数 は0.8%上昇した。

朝方発表された米週間失業保険申請件数は過去7カ月で最も低 い水準だった。バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は、連 邦準備制度は「一心に」失業率を低下させることに注力していると述 べ、インフレは「当分の間は」抑制されているとの見通しを示した。

シスコ、メルクが上昇

シスコシステムズは5.7%上昇。ジョン・チェンバース最高経 営責任者(CEO)は人員削減や営業経費の圧縮、意思決定に時間が かかっていたマネジメント体制の見直しを進めている。同社はまた、 ネットワーク向けスイッチやルーター(ネット接続機器)といった主 力製品に再び経営資源を集中させている。

メルクは3.5%高。同社は2004年以来初めて配当を引き上げ た。

◎米国債:30年債下落、2週間ぶりの大幅安-入札結果を嫌気

米国債相場は下落。30年債入札(160億ドル)で需要が予想を 下回ったことから、過去2週間で最大の値下がりとなった。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はフラン ス格付けに関する誤情報を明確にする形で、最上級格付けを確認。こ れを受けて米国債は入札前から売り優勢となっていた。またイタリア が証券入札で目標額を調達できたことも、安全逃避の買いを鈍らせた。 米財務省は今週予定されていた計720億ドルの入札を完了。前日の 10年債入札では応札倍率が平均を下回る結果となった。

FTNファイナンシャル(テネシー州メンフィス)の機関債調査 責任者、ジム・ボーゲル氏は「一つの材料だけに絞って取引する展開 が続いている」と指摘。「イタリア国債の利回りが下げれば、その理 由は何であれ、米国債に資金を移すプレッシャーは弱まる」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによるとニューヨーク時間 午後3時17分現在、既発30年債の利回りは前日比7ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇して3.10%。30年債価格 (表面利率3.75%、2041年8月償還)は1 13/32下げて 11221/32。10年債利回りは4 bp下げて2.04%。

ニューヨーク連銀は2021年から2031年に償還期限を迎える米 国債18億ドルを購入したことをウェブサイトで公表。米連邦公開市 場委員会(FOMC)は9月、4000億ドル相当の保有短期債を売却 して期間が長めの国債を購入する「オペレーション・ツイスト(ツイ ストオペ)」を発表した。

バーナンキ議長の自信

バーナンキ連邦準備制度理会(FRB)議長は、投資家にとって は今でも米国債が「安全逃避先」であることに変わりはない述べた。 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は今年8月、 米国の格付けを引き下げた。

バーナンキ議長は10日、テキサス州エルパソでの集会に出席。 質疑応答の中で、「投資家は格下げにおじけづいて逃げ出したりしな かった」と述べ、格下げやその他格下げの可能性は「大きな打撃」を 与えていないと続けた。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのインデックスによると、 30年債の年初来リターンは9%となっている。

この日の30年債入札の結果によると、最高落札利回りは

3.199%と、入札直前の市場予想の3.148%を上回った。投資家の 需要を測る指標の応札倍率は2.40倍と、過去10回の平均である

2.68倍を下回った。

30年債入札データ

外国の中央銀行を含む間接入札の落札全体に占める比率は

28.4%と、過去10回の平均値35.8%より低かった。

プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)以外の直接 入札の落札比率は15.8%となった。過去10回の平均は14.4%。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、スコット・ シャーマン氏(ニューヨーク在勤)は「入札というものは変動が激し いものだ」と指摘。「前日の10年債入札でのテールと合わせて考 えれば、多少神経質になるだろう」と述べた。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は、前週から1万件減少して39万件。これは4月2日までの週 (38万5000件)以来の低水準。ブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想 の中央値は40万件だった。前週は40万件 (速報値39万7000件)に修正された。

イタリア政府はこの日入札を実施し、1年物証券50億ユーロ (約5300億円)を発行した。

当局の発表によると、平均落札利回りは6.087%と、前回10月 11日入札時の3.57%から上昇し、1997年9月以来で最高となった。

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、フ ランスの最上級格付けが引き下げられたと示唆する情報が誤って一部 の同社サービス契約者に10日配信されたと明らかにした。S&Pは フランスの「AAA」格付けを確認した。

◎NY金:続落、3週間ぶり大幅安-欧州債務めぐる懸念が後退

ニューヨーク金先物相場は続落。3週間ぶりの大幅安となった。イ タリア国債の利回りが低下したことやギリシャの次期首相が指名された ことを背景に、欧州のソブリン債危機がさらに深刻化するとの懸念が後 退した。

イタリアはこの日の入札で1年物証券50億ユーロ(約5300 億円)相当を発行。目標上限の資金調達となった。ギリシャでは、パ パデモス前欧州中央銀行(ECB)副総裁が次期政権の首相に任命さ れた。

カントリー・ヘッジング(ミネソタ州セントポール)のアナリス ト、スターリング・スミス氏は電話インタビューで、「少なくとも今 は、不安に基づく取引が後退している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比1.8%安の1オンス=1759.60ドルで終了。先月 20日以来の大幅安となった。

◎NY原油:3カ月ぶり高値-米失業保険申請減などに反応

ニューヨーク原油先物相場は反発。約3カ月ぶりの高値となった。 米失業保険申請件数が減少したことを手掛かりに、景気回復の進行で燃 料需要が拡大するとの楽観的な見方が広がった。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は、前週から1万件減少して39万件。これは4月2日までの週 (38万5000件)以来の低水準。イタリア国債利回りの低下や、米 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスの 信用格付けを引き下げていないと確認したこと、ギリシャが暫定首相 を任命したことも原油の買いにつながった。

ESAIエナジーのプリンシパル、リック・ミュラー氏は「経済 のニュースに関してやや安心感が広がっている」と指摘。「失業保険 の数字は良好だったほか、欧州はなんとかやっているようだ。イタリ アの情勢は落ち着いてきた」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 日比2.04ドル(2.13%)高の1バレル=97.78ドルで終了。終 値としては7月26日以来の高値となった。年初からは7%の値上が り。

◎欧州株:続落、仏国債利回り上昇で-クレディ・アグリコルに売り

10日の欧州株式相場は続落。ストックス欧州600指数は上げる場 面も見られたが、結局下げて取引を終えた。フランス政府の借り入れコ ストが上昇し、ユーロ圏債務危機が拡大しているとの懸念が高まった。

仏銀3位、クレディ・アグリコルが安い。減益決算が嫌気された。 ベダンタ・リソーシズを中心に鉱業株も値下がり。欧州最大の航空会 社エールフランス・KLMは通期赤字見通しを示し、5%安。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の235.35で終了。 この日はイタリアが証券入札で目標額を調達できたことと、欧州中央 銀行(ECB)による国債購入で同国債の利回りが低下したことを好 感し、指数は一時0.8%高となっていた。ECBの国債購入は関係 者が明らかにした。

アリアンツ・グローバル・インベスターズのRCM部門で最高投 資責任者(CIO)を務めるニール・ドウェーン氏はブルームバーグ テレビジョンで、「この変動の激しさが投資を敬遠させる」と指摘。 「合理的な投資の選択が難しくなっている。残念だが欧州での状況展 開からすると、問題は解決から程遠い。もう少しこのような状態が続 くだろう」と説明した。

欧州株は9日、イタリアの10年債利回りが7.25%と、ギリシ ャやアイルランド、ポルトガルが救済要請に至った水準に達したこと から大幅安となっていた。10日はフランス10年債相場が下落。利 回りは20ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

3.40%となり、同年限のドイツ債との利回り格差が166bpと、ユ ーロ導入来の最大に開いた。

この日の西欧市場では、18カ国中15カ国で主要株価指数が下 落。イタリア政府は入札で、1年物証券50億ユーロ(約5300億円) を発行。平均落札利回りは6.087%と、1997年9月以来で最高だっ た。

クレディ・アグリコルは2.3%安の4.90ユーロで終了。7-9 月(第3四半期)決算は65%減益だった。ギリシャ国債の評価損が 響いた。ベダンタ・リソーシズは9.5%下げ1131ペンス。減益決算 とロンドンでの銅値下がりが響いた。エールフランス・KLMの終値 は4.62ユーロ。

◎欧州債:イタリア債上昇、ECB購入観測で-仏債のスプレッド拡大

10日の欧州債市場でイタリア国債が上昇した。欧州中央銀行(E CB)が同国債を購入したとの見方に加え、イタリアが1年物入札で目 標上限の資金を調達したことが支援材料となった。

イタリア国債の利回りは低下。9日にはユーロ導入以後の最高を 記録していた。イタリア上院では緊縮策関連の採決が11日に予定さ れており、可決されれば新政権樹立への道が開かれる。同国債の5年 物と10年物の利回りは7%前後にとどまった。恒久的な救済枠組み をめぐってドイツとフランスの意見が衝突したほか、ECB当局者が 同行による市場への直接的な働きかけは一時的との見解を示したこと が手掛かり。フランス国債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(ス プレッド)はユーロ導入来の最大に達した。

クレディ・アグリコルCIBの欧州金利戦略責任者、ルカ・イェ リネック氏(ロンドン在勤)は、イタリアの「入札結果はイタリア国 債を押し下げた極度の圧力下で実施されたことを考慮すべきだ」と述 べ、「ECBによる国債購入の観測と合わせ、今回の入札結果はイタ リア国債が堅調を維持する要因となるだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時50分現在、イタリア2年債利回りは前日 比80ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の6.40%。 同国債(表面利率2.25%、2013年11月償還)価格は1.34上げ

92.63。5年債利回りは59bp下げ6.98%となった。

イタリアは1年物国債を50億ユーロ入札した。平均落札利回り は6.087%、応札倍率は1.99倍。先月実施した10年債入札での落 札利回りは3.570%、応札倍率は1.88倍だった。

ドイツ10年債利回りは一時、前日比9bp上昇し1.81%に達 した。ECB政策委員会メンバー、オランダ中銀のクノット総裁がソ ブリン債危機封じ込めでECBにできることは「もうあまりない」と 発言したことをきっかけに、ドイツ債は下げ幅を縮小し、利回りは

1.78%になった。

一方、フランスとスペイン、オーストリア、ベルギーの10年債 のドイツ国債に対するスプレッドがユーロ導入以後の最大を記録した。 前日のイタリア国債急落を背景に、債務危機が拡大するとの懸念が強 まった。フランス国債とドイツ債の利回り格差は22bp拡大し170 bpとなった。

◎英国債:下落、イタリア債上昇で逃避需要が後退-英中銀は政策維持

10日の英国債相場は下落。イタリア国債が国債入札を好感して6 営業日ぶりに上昇し、安全投資先としての英国債の需要が後退した。イ ングランド銀行(英中央銀行)は政策金利を据え置き、国債買い取りプ ログラムの規模を維持した。

英中銀はこの日の金融政策委員会(MPC)で資産買い取りプロ グラムの買い取り枠を2750億ポンドに維持した。MPCは先月、購 入規模を2000億ポンドから拡大した。

イタリアは国債入札で1年物国債を50億ユーロ発行した。平均 落札利回りは6.087%、応札倍率は1.99倍。先月の国債入札で応 札倍率は1.88倍だった。

RBCキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、サム・ヒ ル氏は、英国債の「全体的な方向性は、市場全体のリスク意欲に決定 付けられている」と指摘。「朝方の1年物入札が大きな違いをもたら した。落札利回りが前日の取引での範囲内だったことで市場はやや落 ち着いた」と続けた。

ロンドン時間午後4時41分現在、英10年債利回りは前日比4 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.21%。同国 債(表面利率3.75%、2021年9月償還)価格は0.350下げ

113.49。2年債利回りは2bp上げ0.53%。

ドイツ10年債利回りはこの日、4bp上昇し1.76%。イタリ ア2年債利回りは72bp下げ6.49%となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 森 茂生 Shigeki Mori +1-212-617-6107 smori1@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Shigeki Mori 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE