バーナンキFRB議長:米国債は依然「避難先」、格下げの打撃小さい

バーナンキ連邦準備制度理会 (FRB)議長は、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ (S&P)が今年8月に米国の格付けを引き下げたものの、投資家に とっては今でも米国債が資金の「避難先」であることに変わりないと の見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。