ドイツの銀行、欧州債務危機の影響で業績見通し悪化も-独連銀報告

ドイツ連邦銀行(中央銀行) は、欧州の債務危機と経済成長の減速がドイツの銀行の業績に打撃を 与える可能性が高いとの見解を示した。

独連銀は10日公表した金融安定報告で、ドイツの銀行は保有す るギリシャ国債で一段の評価損計上を強いられる可能性があると指摘。 同連銀のザビネ・ローテンシュラーガー副総裁は、「債務危機波及の 影響や欧州の経済見通しの悪化で業績の見通しが暗くなる」と述べた。

同報告では、ドイツの銀行はイタリアやスペインに対する「かな りのエクスポージャー」を抱えており、債務危機のさらなる展開次第 で銀行がバランスシートに抱える新たな課題の度合いが決まると記述 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE