印タタ・スチール:7-9月は89%減益-需要低迷と原材料コスト高

インド最大の製鉄会社、タ タ・スチールの7-9月(第2四半期)決算は前年同期比89%減益 となった。需要低迷に加え、欧州部門での原材料コスト上昇が響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。