ギリシャをユーロへ導いたパパデモス氏、今度は首相として残留に尽力

ギリシャの連立暫定政権の首相 に指名されたルーカス・パパデモス氏は10年以上前、中央銀行総裁 としてギリシャをユーロへと導いた。その後欧州中央銀行(ECB) の副総裁を務めた同氏は、今度は首相としてギリシャをユーロ圏にと どめるため腕を振るうことになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。