イタリアの景気回復は止まった、財政均衡化目標は未達へ-欧州委報告

欧州連合(EU)の行政執行 機関である欧州委員会は、イタリアが2013年に財政収支を均衡化 させる目標を達成できないと予想した。同国の景気回復は止まったと の認識を示した。

欧州委は10日発表した報告で、13年のイタリア財政収支は赤 字で対国内総生産(GDP)比では1.2%規模と予想。また、今年 10-12月(第4四半期)は0.2%のマイナス成長との見通しを示 した。

これにより、11年通年の成長率は0.5%と9月時点予想の

0.7%を下回り、12年は0.1%成長にとどまると予想されている。 イタリア政府は9月22日、12年の成長率を0.6%と予想した。

欧州委は報告で「イタリアが08-09年の危機後に体験した緩 やかな回復は11年下期に完全に停止した。予想対象の期間内で、イ タリア経済の成長は弱い状態が続くだろう」との見解を示した。

政府債務は12年にGDPの120.5%に達する見込み。13年 からは基礎的財政収支(プリーバランス)の黒字拡大によって負債が 減り始めるとみられている。

-Andrew Davis, Lorenzo Totaro

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Chiara Vasarri in Rome at cvasarri@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Angela Cullen at +49-69-92041-158 or acullen8@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE