グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン指数が3カ月ぶりの大幅安となっ た。欧州債務危機の波及が懸念される中、英銀HSBCホールディン グスでは投資銀行部門の利益が減少した。

ハンセン指数で15%のウエートを占めるHSBC(5 HK)は

9.1%安。米国で不良債権の引き当てを積み増した。時価総額で世界 最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は8.7%値下がり。米ゴー ルドマン・サックス・グループが工商銀株を売却したと事情に詳しい 2人の関係者が明らかにした。

イタリア国債の利回りがユーロ導入後の最高に達する中、欧州関 連銘柄が下落。売り上げの大半を欧州で稼ぐ衣料小売りのエスプリ・ ホールディングス(330 HK)は7.8%安。ギリシャの港でコンテ ナ施設を運営する中遠太平洋(コスコ・パシフィック、1199 HK) は7.3%下げた。

中国のインターネット会社、テンセント・ホールディングス(騰 訊、700 HK)も売られた。

ハンセン指数は前日比1050.54ポイント(5.3%)安の

18963.89で終了。8月9日以来の大きな下落率となった。ハンセ ン中国企業株(H株)指数は前日比5.7%安の10300.18で引け た。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・ マネジメントの投資市場調査責任者、スティーブン・ハルマリック氏 (シドニー在勤)はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「われわれの地域の市場は欧州情勢の影響で非常に不安定だ」と指摘、 「極めて危険な時期であり、残念だが事態は改善する前に悪化するだ ろう」と語った。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が3週間ぶりの大幅安となっ た。10月の中国輸出の伸び鈍化に加え、イタリア国債の利回り急上 昇で欧州債務危機が深刻化しつつあるとの懸念が強まった。

中国最大のセメントメーカー安徽海螺水泥(600585 CH)が素 材関連銘柄の下げを主導。10月の中国輸出は前年同月比15.9%増 と、前月の同17.1%増から伸びが鈍化した。中国工商銀行 (601398 CH)は2.8%安。米ゴールドマン・サックス・グルー プが工商銀株の売却で11億ドル(約850億円)調達したと事情に 詳しい複数の関係者が明らかにした。

保利房地産集団(600048 CH)を中心に不動産株も値下がり。 不動産開発会社の負債比率が11年ぶりの高水準に達したと21世紀 経済報道が報じ、これが嫌気された。

中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモーター、 600104 CH)や通信会社の中国聯合網絡通信(600050 CH)も 売られた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比45.38ポイント(1.8%)安の2479.54 で終了。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は同

1.9%安の2699.59で引けた。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「欧州向け輸出を中心 に、欧州危機が短期的に中国に影響しかねないと投資家は懸念してい る」と述べた上で、「インフレ率は低下したが、引き締め策の緩和ま でにしばらく時間がかかると予想されている」と語った。

【インド株式市況】

10日のインド株式市場は、シーク教の祝日のため休場。取引は 11日に再開される。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比102.0ポイント(2.4%)安の

4244.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比94.28ポイント(4.9%)安の

1813.25。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比253.18ポイント(3.4%)安の7308.68。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比71.76ポイント(2.5%)安の2786.90。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比16.99ポイ ント(1.1%)安の1472.65。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比0.46ポイント(0.1%)高の968.30。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比73.48ポイント(1.9%)安の

3783.88。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比61.14ポイント(1.4%)安の

4285.06。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE