中国株(終了):上海総合指数、3週ぶり大幅安-輸出鈍化など嫌気

中国株式相場は下落。上海総合指 数が3週間ぶりの大幅安となった。10月の中国輸出の伸び鈍化に加え、 イタリア国債の利回り急上昇で欧州債務危機が深刻化しつつあるとの 懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。