オリンパス:監理銘柄に指定、12月14日が上場維持のポイントに

東京証券取引所は10日、オリン パスを、上場廃止基準に抵触する可能性がある監理銘柄に指定したと発 表した。指定回避に必要な14日までの四半期報告書の提出が不可能な 見込みになった、と同社が発表したことを受けた措置。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。