IMF専務理事:中国経済は内需の比重高める必要

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は10日、北京で記者会見し、中国経済は内需の比重を一層高め る必要があるとの認識を示した。また、中国政府は5カ年計画も含めて 経済政策の面で正しい方向に進んでおり、財政・金融政策でのアプロー チは適切だと指摘した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 小針章子 Akiko Kobari +81-3-3201-8879 akobari@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE