IMF専務理事:中国経済は内需の比重高める必要

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は10日、北京で記者会見し、中国経済は内需の比重を一層高め る必要があるとの認識を示した。また、中国政府は5カ年計画も含めて 経済政策の面で正しい方向に進んでおり、財政・金融政策でのアプロー チは適切だと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。