IMF専務理事:新興市場国には適切な通貨の上昇が必要

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は10日、北京で記者会見し、新興市場各国は経済規模が大きな 国を中心に世界的な危機解決に向けた役割を果たす必要があるとの認識 を示し、その中には各国が自国通貨の適切な上昇を容認することも含ま れると語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。