欧州EADSの7~9月:予想外の増益-「A350」投入は14年に

エアバスを傘下に置く航空宇宙・ 防衛関連の欧州企業EADSの7-9月(第3四半期)決算は、増益 となった。同社は、次世代中型旅客機「A350」の投入が数カ月遅れる ことも明らかにした。

EADSが10日発表した資料によれば、純利益は3億1200万ユ ーロ(約327億円、1株当たり0.38ユーロ)と、前年同期の1300万 ユーロ(同0.02ユーロ)から増えた。ブルームバーグがまとめたアナ リスト調査では、約3000万ユーロの赤字と見込まれていた。売上高は 4%減少し107億5000万ユーロ。

エアバス部門は、A350を2014年1-6月(上期)に就航できる ようにする計画。これまでは13年末までとしていた。投入の遅れは新 素材の複雑さによるものだという。来年1-3月(第1四半期)には 最終的な組み立てを始める。EADSはこの日、遅延によりこの計画 に関し2億ユーロの特別損失を計上したことを明らかにした。

EADSはまた、売上高と受注、一部項目前の営業利益見通しを 引き上げた。一時的な項目を除く利益は今年、約14億5000万ユーロ に達する見込み。エアバスの引き渡しは最大530機になるという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Benedikt Kammel in Berlin at +49-30-70010-6230 or bkammel@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Benedikt Kammel at +49-30-70010-6230 or bkammel@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE