チューリッヒFの7-9月:64%増益、前年の訴訟費用計上の反動

スイス最大の保険会社、チュー リッヒ・ファイナンシャル・サービシズの7-9月(第3四半期)決 算は、前年同期比で64%増益となった。前年同期に米国での訴訟和解 費用の計上で利益が落ち込んだ反動が出た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。