劉明康・前銀監会主席:金融政策と財政政策で連携が必要

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)の劉明康前主席は、構造的な問題が大きな課題となっている新興市 場を中心に、各国は金融政策と財政政策での連携を促進する必要がある との認識を示した。また、シャドー・バンキング(影の銀行)につい て、規制上の審査などが欠けていると指摘した。10日に北京での会議で 語ったもので、詳細には言及しなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。